下品道

所謂おなにーぶろぐ

止まりなさい


九州地方の地震が止まらないみたいなんですけど

本当にそろそろ止まって下さい地震さん

僕はもう出張したくありませんお願いします



震度7

千葉県にある本社の実験棟では
この震度7という数値を主に使用して
家屋を揺らして強度試験を行っております

何故ならこれ以上の数値は現在日本では無いらしいです
詳しい事は専門家ではないのでわかりませんが
震度が8でも9でも300でも日本では7らしいです

意味がわかりませんね

まあその実験で実験棟に建てた家を揺らして
室内のクロスの割れや枠の歪み等を発生させて
弱い部分を洗いざらにし、下地の部分で
どんどん施工方法が改良されていくわけですね

少し月日が経っただけで
同じ会社で仕上がりもほぼ同じなのに
値段が後から建てる方が高いというのは
こういった目に見えない部分のコストが
かかっているんですねー

にしても東京はやはり単価が良いですねいきなり

札幌ではいい所で坪3万行くか行かないか
東北では平均坪3万前後
東京ですと簡単な現場でも坪4万は余裕で超えます

今4月から頂いた現場は坪4.6万です
これがどういう事がおわかり頂けますでしょうか

坪単価というのはその名の通り
一坪に対していくらお金がもらえるか

30坪の家を建てる際に
大工手間(いわゆる貰えるお金)が100万円だとします
となると100万円÷30坪=一坪3.3万円となります

単純に説明すると月の稼ぎが今までの1.5倍になります
ものすごくおいしいですが、このまま東京に居座ると
確定申告も少々考えなくてはならなくなりそうです

どこかに可愛い税理士でも転がっていればいいのだが
はて、どうしたものか




まあともかく
どんな災害がこようとも
翌日の出勤にうなされる
ジャパニーズソウルは最高
という事で終わり

寿司くいてぇ~


~エンディングテーマ:悲しみをやさしさに~

コメント

おっ?おっさんやっぱりネタギレか?(煽)

誰がおっさんじゃ潰すぞ
ちょっと待ってろ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

人間

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する